呼吸はヨガでは大切な要素ですが、ポーズや流派によって呼吸法は様々です。

ここでは「丹田呼吸」についてご紹介します。

丹田呼吸は、おへそから握りこぶし一つ分程度下にある丹田を意識した呼吸法です。

最初は口をとがらせて丹田から絞り出すような気持ちでゆっくりと息を吐きます。

そのとき息を吐き出すにつれて、お腹がへこみ腹筋が少し硬くなるのを感じながら、お腹と背中をくっつける気持ちでゆっくりと最後まで息を吐き切ります。

次に、息を吸うときは、丹田を膨らませるようにして息を大きく吸い込みます。

これを繰り返しますが、肩の力を抜いてリラックスして行うのがコツです。

丹田呼吸をすることで、インナーマッスルが鍛えられ、若々しい姿勢を保ち、元気よく前向きに生きる意欲を高めてくれます。